水素水を使うときの注意点

 

水素水を飲んだり選んだりするときにはどんなことに注意したらいいのでしょうか?

 

 

調べてみました。

 

 

水素水を選ぶときの注意点

 

 

いろいろなタイプの水素水が販売されています。
名前に水素水とついていると大丈夫なような気がしますが、表記に偽りがあったり商品自体に水素が含まれていない紛らわしいものがあったりします。


 

きちんと知識を得て水素水を見極めて購入しなければいけません。

 

 

水素水を選ぶときのポイントとは?

 

水素が抜けにくいアルミ状の容器に入ったものを選ぶ

 

水素はとっても小さい分子です。少しの隙間からも抜けていってしまいますしプラスチックなんかもすり抜けてしまいます。
そこで水素を逃がさないと言われているのはアルミ状の容器です。
しかし、アルミパウチになるとプラスチック部分がありますし、アルミ缶もアルミパウチに比べると抜けやすいと言われています。

 

シャンプーの詰め替えのような飲み口がないアルミ状のパウチがオススメです。

 

 

 

水素濃度に注意

 

水素の量が多いほど良いと言われていますが、実際にたくさんの水素を水に入れるには限界があります。
とっても高い水素濃度をうたっているような水素水には注意が必要です。
水素水の濃度として最低0.8ppmはあるとよいと言われています。
高濃度水素水と呼ばれるものは1.0ppm以上のものがそう呼ばれることが多いようです。
この辺を注意して1.0ppm異常は入っているようなものを選ぶといいでしょう。

 

 

水素水を飲むときのポイントとは?

 

水素水は一気に飲む

 

 

水素水は開封してしまうと水素がどんどん抜けていってしまいます。
そしてちょびちょびと飲むよりは一気にのんだ方が水素の効果がアップすると言われています。
水素を効果的に体内に取り込むためには早く・一気に飲むのがポイントです。

 

水素水は常温で飲む

 

水素水を摂ると代謝が良くなると言われていますが、冷やして飲むと体が冷えてしまい代謝がうまく働きません
冷やさずに常温で飲んだほうが水素のチカラを十分に発揮できます。

 

水素水は温めてはいけない

 

 

水素水は温度が高くなると蒸発しなくなってしまいます。沸騰させてしまうのは特によくなくただの水になってしまいます。
常温で飲むようにしましょう。

 

1日に300〜500ml飲むのが理想的

 

水素水の効果があったという人は1日に最低300mlは飲んでいたという人が多いです。
水素水は飲んでから10分ぐらいで体内をめぐりいらない分はガスになって体外へ排出されます。
飲みすぎても副作用というものはないので量は気にせず飲んでも大丈夫です。

 

などは飲むポイントになります。

 

飲み方を間違えてしまうとせっかくの水素がムダになってしまうので飲み方を守って飲むようにしましょう。