水素水って自宅で作れるの??

 

水素水って自宅で作れるものなのでしょうか?

 

 

調べてみました。

 

水素水を自宅で作るには・・・

水素水はアルミパウチで売られているものが一般的ですが、自宅で作れるようなものも販売されています。

 

スティックタイプ

 

 

専用のペットボトルに水素のスティックを入れて水素を発生させて水素水を作るものです。
一般の水道水を使って作れること、水素スティックは6か月〜1年使えるものもあるので最初はお金がかかりますがコストは安めなので人気があります。

 

デメリットとしては、水素の含有量がだんだん少なくなところと半年から1年使えると言われていますが実質4〜5か月しかもたないのではと言われているところです。
あと、1か月に何回かメンテナンスを行う必要もあり少々面倒であるという人もいます。

 

サーバータイプ

 

 

水素水を生成できる水素サーバーというものも販売されています。
水素サーバーは自宅ので作りたいときに水素水をつくることができ、高濃度の水素水を自宅で飲むことができます。
サーバータイプにはいろいろな種類があり、自宅の水でできるもの・できないもの、電気分解式のもの・マグネシウム反応方式のものなどがあります。
それぞれに特徴や水素濃度が違うというものがあり、サーバーの中で一番効果的なものは電気分解式で自宅の水でできないものになります。

 

デメリットとしては機械の値段が高いこと(10万円〜30万円前後)、作り始めてから30分〜1時間かかる、カートリッジの交換が定期的に必要などメンテナンスが必要ということもあります。

 

自宅で水素水を作れるには作れますが、初期投資とメンテナンスが必要になります。

水素水を飲むならトラストウォーターがオススメ!!

 

自宅で作れる水素水サーバーもいいのですが、メンテナンスが面倒・・・最初にお金もかかるし・・・という方にはアルミパウチタイプのトラストウォーターがオススメです。

 

トラストウォーターのオススメ点は

 

アルミパウチの特殊構造で水素を逃がさない

 

業界最高水準の高濃度の水素3.0ppmを配合

 

飲み切りやすい400ml

 

 

という点がオススメです。

 

水素水はプラスチックなどの少しの隙間からでも水素が抜けていってしまいます。
それくらい分子が細かいものです。
トラストウォーターはプラスチック部分がないアルミパウチタイプで水素が抜けることはありません。

 

 

そして、水素水は一気に飲むのがオススメと言われているので1Lも2Lも入っているものは飲み切れないのでダメです。
トラストウォーターは飲み切れるサイズの400mlで、一気にのめる量になっています。

 

トラストウォーターは初回限定お試しセットがお得

 

トラストウォーターを購入するときは初回限定のお試しセットがオススメです。

 

通常に購入すると6480円+送料+代引き手数料で5020円もかかります。
それが初回限定で約3000円引きのの1800円(送料・手数料込)で購入することができます。

 

 

初回限定のお試しセットでトラストウォーターをためしてみませんか?