活性酸素ができる理由とは?

体内の老化を早めてサビさせると言われている活性酸素。

 

 

活性酸素はなぜ発生するのか、どんなことをしたら増えるのか?を調べてみました。

 

活性酸素はどのようにしてできる?

 

活性酸素と言えば老化をすすめるものとしてあまりいいイメージがないかもしれませんが、活性酸素が必ずしも悪いというわけではないんです。

 

活性酸素には善玉と悪玉があり、良い影響としては体の血管を広げたり殺菌作用があったりします。
ただ、悪玉の活性酸素は酸化力が強すぎて、よい細胞も傷つけたりしてしまいます。

 

しかし、人間が生きるために生み出されるエネルギーとともにどうしても活性酸素はできてしまいます。

 

活性酸素が増えていくとどうしても悪玉活性酸素が増えてしまい細胞を傷つけ、体内がサビていく状態になり老化が進むと言われています。

 

 

では、活性酸素ができるのはどんな時にできるのでしょうか?

 

活性酸素ができるときはこんな時

 

活性酸素はこんなときにできると言われています。

 

ストレスがたまったとき

 

喫煙・過度な飲酒

 

乱れた食生活(油・コレステロール多)

 

運動不足

 

激しい運動

 

紫外線の浴びすぎ

 

早食い

 

などで活性酸素が増えると言われています。

 

 

特にストレスは活性酸素を生みやすいと言われていて、ストレスホルモンが分泌されると血圧が高くなり血流が早くなるので体内が酸素不足の状態になり活性酸素が発生しやすい状態になってしまいます。

 

 

ストレスはちょっとしたことでも発生しやすく、心もそうですが体が疲れたとかでも発生するのでストレスは活性酸素ができやすい最大の要因です。
だから活性酸素を減らすためにはストレスを少なくする必要があります。

 

そのためには一体どのようにしたらいいのでしょうか?

 

活性酸素を減らす方法とは?

次は増えてしまった活性酸素を減らす方法を紹介します。

 

上記の活性酸素が増える要因を減らすというものいいんですが、意識してできるものとそうではないものがありますよね。

 

 

 

 

そこでオススメできるのは水素水なんです。


 

 

水素水は活性酸素を減らす?

 

水素水は活性酸素を減らし老化をストップしてくれるものとして今話題になっています。

 

水素は分子が小さいので体の隅々まで届くということと、善玉の活性酸素は残したまま悪玉活性酸素だけを攻撃してなくしてくれます。

 

 

 

 

他にもビタミンCやコエンザイムQ10・ビタミンEなども活性酸素を除去してくれると言われていますが、これらは分子が大きいので届く部分とどうしても届かない部分がでてきてしまいます。

 

水素はその点分子が小さいので体内にいまなく届くことができるとともに、いらなくなれば体内でと抜けてしまうので体内に溜まってしまうこともなくとりすぎてしまっても何ら問題はありません。


 

体内の活性酸素を減らすためには水素水を飲むことは早道で手軽なんです。