水素水はペットボトルで保存できるの?

 

水素水を飲み切れなかったとき、水素水を自宅で作って作りすぎてしまったときなどありますよね?

 

 

そんなときに通常のペットボトルで水素水は保存することができるのでしょうか?

 

水素水は普通のペットボトルでは保存することができません!

水素水を飲み切れなかった場合もったいないなぁと思いますよね。

 

あ、普通のペットボトルに移してまた飲めばいいじゃん〜と思ったアナタ。
残念ながら次に飲むときは水素が抜けてしまいただの水になってしまっています。

 

なぜかというと、水素はとても細かい分子でペットボトルに使われているプラスチックの小さな隙間でさえもすり抜けてしまうからなんです。

 

 

なので普通のペットボトルに入れ替えてしまうと、ペットボトル全体から水素が抜けてしまう状態になってしまい通常より早く水素が抜けてしまいます。

 

だから、水素水の容器にはアルミパウチやアルミボトルが使われていることが多いんです。
一般的にアルミパウチの方が水素が抜けにくいと言われていますから、そのタイプの容器の場合そのまま使って飲むほうが次回も水素は残っています。
しかし、一度開封してしまうと水素がは状態にもよりますが1〜2時間で抜けてしまうと言われています。

 

 

アルミパウチタイプのもので飲み口がついている場合のものは閉める際にパウチの口ギリギリまで水を押して酸素を抜いてからフタをすると幾分水素が抜けにくくなると言われています。

 

アルミパウチでシャンプーの詰め替えのような形のものが水素は抜けにくいと言われていますが、このタイプは開けてしまうと保存ができません。
万が一飲み切れなかった場合は水素水パックや髪にスプレーなどで使うというのもオススメです。

 

 

 

スティックタイプの水素水は専用のペットボトルがついていますが、こちらも開封してしまうとやはりどんどんと水素が抜けていってしまうようなのであまり長時間は期待できなさそうです。

 

どのタイプの容器でも、水素水は開封したらすばやく飲み、ペットボトルなどでは保存できないというのが鉄則です。

オススメ水素水はトラストウォーター

 

水素水はペットボトルに保存できないということでおすすめなのがトラストウォーターです。

 

 

水素の抜けにくいアルミパウチを使用

 

飲み切りやすい400ml

 

業界最高水準の水素濃度3.0ppmを配合

 

というトラストウォーター。

 

 

 

 

手軽に飲むことができ、コスパも1個あたり257円と水素水としては優秀です。


 

トラストウォーターには初回限定でお試しコースというのがあり、通常価格の3000円オフの1800円でトラストウォーター7個をお試しすることができます。
定期コースでもなく、割引制度があるのはうれしいですよね。

 

 

まずはこのお試しセットでトラストウォーターをお試しするのをオススメします。