水素水で自律神経の乱れが治る!?

 

水素水の効果で自律神経の乱れが治るとも言われています。

 

 

本当なのか調べてみました。

 

自律神経が乱れると起こる症状とは?

自律神経が乱れることによりおこる病気として自律神経失調症があります。

 

 

自律神経失調症で起こる症状

 

自律神経失調症で起こる症状としてあげられるのが

 

感情が安定しない(イライラ・不安感)

 

不安感が強かったり、イライラがおさまらなかったりするのも自律神経失調症の症状です。
物忘れしやすかったり、ミスをしやすくなるという特徴もあります。

 

食欲不振

 

自律神経が乱れると胃や腸の働きが低下して食欲がなくなるという症状があります。

 

動悸・息切れ

 

急に心臓がドキドキしたり脈が速くなったりすることがあります。

 

のどがつまったような感じ

 

自律神経の働きで飲みこむという行為を行っているので、自律神経に乱れがでると飲みこみにくくなったりのどに違和感が出たりします。
喉の違和感により不安感が増すという他の症状を引き起こすこともあります。

 

そのほかにも不妊・生理痛の悪化、冷え、不眠症、めまい・耳鳴りなどがあります。

 

 

ひどくなると動けなくなったり、不快な症状が続いたりします。

 

そんな自律神経失調症の症状を水素水で軽減させることはできるのでしょうか?

水素水と自律神経失調症の関係とは?

 

水素水を飲むことで自律神経失調症は改善するんでしょうか?

 

 

 

 

・・・改善の効果が見込めます。


 

理由として自律神経失調症の大きな原因としてストレスがあげられます。
ストレスがたまると体内に活性酸素が多くたまり、体にいろいろな不調をもたらします。

 

水素水の1番の特徴として、活性酸素を除去するという働きがあります。

 

体内の活性酸素を除去して、体外に水として排出することができます。
なので、体内に活性酸素が増えにくくなりストレスの元も減ります。

 

自律神経は交感神経と副交感神経のバランスが保つことで成り立っています。

 

 

交感神経は体を活発に動かしているときに活動し、副交感神経は逆にリラックスしているときに活動します。
この副交感神経がうまく働かないとストレスが増え活性酸素が増えてしまいます。

 

そこで水素水には副交感神経を優位に働かせる効果があり、夜にきちんと睡眠がとれストレスをためないような体にしてくれます。

 

 

どうしても夜更かししがちだったり、疲れがとれないと自律神経は乱れ出します。

 

そこをきちんと修正して活性酸素を発生しないようにするのが水素水の働きなんです。