水素入浴ってどんなもの?

水素水を使った入浴法も注目されています。

 

 

水素水で入浴??という人もいると思いますが、どのようにするのでしょうか?
紹介していきたいと思います。

水素水で入浴する方法とは?

 

水素は皮膚も通してしまう分子です。

 

飲んで体内で不要になった水素は皮膚を通して体外へ出ていきます。
ということは逆に皮膚を通して体内に取り込むということもできます。

 

 

 

 

そこで注目されているのが水素風呂です。


 

水素風呂はどのようにして作るものでしょうか。そして入り方のコツなんかはあるのでしょうか?

 

 

水素風呂の作り方

 

機械で水素を発生させる

 

水素を発生する機械を使いお風呂の水の中に水素を発生させる方法です。
しかし、機械が高価なためなかなか使いづらいというデメリットがあります。

 

入浴剤を使用する

 

水素が配合されているという入浴剤がいろいろと販売されています。
お風呂の水に溶かして水素を発生させるタイプのものが多く専用のケースに入れて使用します。
費用は1か月で1万円ほどなので手の届きやすい金額かもしれません。

 

というのが大きな水素風呂を作る方法です。
一般的に考えると入浴剤を使うというのが1番てっとり早いかもしれません。

 

 

水素風呂に入るときのコツとは?

 

水素風呂に入るのには少しコツが必要になります。
十分に体に水素をいきわたらせるために覚えておくといいでしょう。

 

ぬるめの温度で10分以上浸かる

 

水素が皮膚を通って体に浸透するようになるには7分かかると言われています。
なので水素風呂の効果を実感しようと思ったらゆるめのお湯に10分は浸かるというのが必要になります。

 

 

水素風呂の入浴剤は製品によって効果が違うと言われています。

 

直接飲むタイプの水素水よりは効果が弱いと言われていますが、じっくりと5〜8時間は効果が持続すると言われているので30分ぐらい使ったり半身浴をしながらお風呂タイムを楽しむと皮膚からの吸収がよくなり体内に水素を取り込むことができるでしょう。

 

そして水素風呂の良いところは家族みんなで共用できるという点です。

 

 

お風呂にただ浸かるだけなので子どもやお年寄りなども抵抗なく体に水素を取り込むことができて効率的です。

 

 

ストレスによって体内の活性酸素は増えます。

 

 

お風呂にはもともとリラックス効果がありストレス軽減に効果があると言われていますが、水素風呂だとその効果がさらに増すと言われています。

 

じっくりとお風呂に使ってリフレッシュしつつ、体の中の活性酸素を退治してしまいましょう!