水素水の濃度は濃い方がいいの?

 

 

水素水をいろいろと見ていると『高濃度』とか『業界最高レベル』など水素量を比較しているのをよく見ますが、水素の濃度が高濃度の方が水素水として優れているのでしょうか?


 

それもと適度な水素濃度というのがあるのでしょうか?

水素水の濃度の重要さとは?

水素の濃度は『ppm(ピーピーエム)』という単位で表されます。

 

水素は水には溶けにくい物質で高濃度水素水として販売されているものでもそんなに高い濃度のものは今までありませんでした。
しかし、最近は高濃度をうたっている商品もたくさん出てきました。

 

水素水は圧をかければ高濃度のものができますが、圧を書けなくなった瞬間に水素濃度が下がってしまいます。
そして容器も水素が抜けにくいものでないと水素はすぐに抜けてしまいます。

 

 

水素水の濃度として最低0.8ppmはあるとよいと言われています。
高濃度水素水と呼ばれるものは1.0ppm以上のものがそう呼ばれることが多いようです。

 

水素の濃度は濃いほうがよいとは言われていますが、ある一定量からはそんなに差はないのでは?ということもいわれています。

 

体に届かせるのは高濃度水素水のほうがよい?

 

水素水が体に良いと言われているのは体内の活性酸素と結びつき体内の酸化を食い止めてくれるからと言われています。
その際に高濃度水素水の方が体にいきわたり効果があると言われています。

 

 

現在の水素水ブームはこの高濃度水素水が一般的に知れ渡ってきたからではないでしょうか?

 

水素は体内に溜まらずいらない分はガスとして体外に排出されるので摂りすぎても安心です。

高濃度水素水ならトラストウォーター

いろいろな水素水が販売されていますが、水素量もそうだしパッケージもよいと言われているのが『トラストウォーター』です。

 

トラストウォーターは水素濃度3.0ppmという高濃度を実現。かなり高い水素濃度を誇っています。

 

 

そしてなんと言っても特徴的なのが、特殊構造のアルミパウチです。
水素は分子が小さいので、プラスチックなどの隙間からもどんどん抜けていってしまいます。

 

そんな中トラストウォーターはシャンプーの詰め替えのようなプラスチック部分のないアルミ容器を使用。
水素が抜けないような構造になっています。

 

 

水素が抜けないということは、開けたてで高濃度の水素が取れるというわけです。
水素水をうたっていても水素が抜けてしまうようなものもありますが、トラストウォーターはそんな心配をすることもありません。

 

高濃度水素水のトラストウォーターは今ならお試しセットで送料込み1800円で購入できます。

 

 

1個あたり257円とコスパも悪くないですし、健康や美容のためにいろいろとサプリメントや化粧品を買うのであれば水素水で両方の悩みを解決できるというのはよいのではないでしょうか?