水素水と認知症の関係とは?

水素水が認知症に効果があるということも言われています。

 

 

実際の効果のほどはどうなんでしょうか?

認知症の症状とはどのようなもの?

認知症とひとくくりにいってもいろいろと種類があります。

 

 

最初にそれを説明していきます。

 

認知症の種類

 

アルツハイマー型認知症

 

認知症の全体の50%を占めている認知症の種類です。
アルツハイマー病は脳の中に特殊なたんぱく質が増えることによって脳の活動に障害が出てくることにより起こります。
主な障害としては認知機能の低下です。そして脳の神経細胞が壊されることによって脳が萎縮したりします。

 

 

脳血管性認知症

 

全体の約20%を占める認知症です。
脳梗塞や脳出血など脳の病気を起こしたあとに後遺症として起こる認知障害になります。
脳血管性認知症の原因となる脳梗塞や脳出血が起こる可能性が高いのは生活習慣病です。
糖尿病や高血圧、高脂血症など・・・これを気を付けなければいけません。

 

 

レビー小体病

 

アルツハイマーやパーキンソン病に似ている症状があらわれますが、病気のはじめから『幻視』(実際にはないものが存在しているようにみえること)があるのが特徴です。
レビー小体とは脳の神経細胞内に出現する特殊なたんぱく質のことでこれから名前がついています。
病状が進むとこの特殊なたんぱく質レビー小体が多く出てきます。

 

 

と大きくわけて認知症にも3種類あるんです。

 

そして認知症に水素水は効果があるんでしょうか?

水素水を飲むと認知症の症状を軽くすることができる!?

 

水素水を飲むことで脳の細胞の損傷を抑えることができるということが研究論文でも発表されています。

 

 

中脳の細胞破壊により手の震えや筋肉のこわばりなど身体的障害がでるものをパーキンソン病と言います。
アルツハイマー同様よく聞くことがある病気ではないでしょうか。

 

このパーキンソン病については水素水を飲むことにより数値が軽減したという研究発表がされています。

 

 

 

 

認知症についてはまだ研究途中できちんとした結果が出てないとはいえ、水素水で活性酸素が減るということは証明されているので脳内の活性酸素を減らせるという点では確実なのではないでしょうか。


 

脳の細胞の損傷を抑えるとともにその原因となる活性酸素を減らすということで水素水は有名なのでその点も認知症に効果があると言われている理由だと思います。

 

ちゃんと認知症が治ります!!ということはなかなか断言はしにくいですが、水素水を飲むことで症状が軽減しやすい状態にもっていくということができそうです。

 

認知症予防・症状軽減のために水素水を定期摂取するのをオススメします。