水素水の種類どれがいい?

 

水素水と言っても飲むだけではなくいろいろな種類のものが販売されています。

 

 

形状によって水素の含有量も変わってきたり効果に差がでたりします。
そこで、どのような水素水がよいのが調べてみました。

 

水素水にはどのようなものがある?

市販されている水素水には以下のようなものがあります。

 

ドリンクタイプ(アルミパウチ・アルミ缶)

 

 

水素水の代表と言ってもいいのがドリンクタイプの水素水。
ペットボトルの形状は水素が抜けてしまうのでダメで、アルミ状になっているものに限られます。
水素を含む量もこのドリンクタイプが多いといわれていて水素をきちんと体内に摂りたい人はドリンクタイプがオススメです。
特にアルミパウチのものがオススメです。

 

サプリタイプ

 

 

水素が含まれているサプリメントで持ち運びに便利、手軽に飲みやすいということで人気になっている商品です。
腎臓病など水分の摂取に制限があったりする人には重宝する商品です。
ただ、水素は熱に弱いため加工の段階でどれくらいの水素量が確保できているかということが疑問視されているのも事実です。

 

 

スティックタイプ

 

 

スティック状になっているものを専用のペットボトルにいれて自宅で簡単に水素水を作れるというものです。
自宅で作れるということ新鮮な水素水を飲めるということで人気になっています。
デメリットは作るのに時間がかかる、専用と言ってもペットボトルなので水素が抜けやすいというデメリットがあります。

 

 

サーバータイプ

 

 

自宅に専用のサーバーを購入し水素水を作れるというものです。ペットボトルなどで作るのではないので高濃度の水素が持続します。
お手入れもそんなに難しいことはなく、だれでも簡単に自宅の水で作れるというのが特徴です。
デメリットとしてはすぐに飲めない(作るのに10〜15分かかる)、初期投資にお金がかかる(機械代10万円程度)というのがあります。

 

 

どの商品もメリット・デメリットありますが、オススメ度としては

 

ドリンクタイプ⇒サーバータイプ⇒スティックタイプ⇒サプリタイプ

 

ということになります。

 

アルミパウチのオススメ水素水はトラストウォーター

 

水素水の種類の中でもアルミパウチのドリンクが1番オススメということを紹介しましたが、その中でもオススメできるのが『トラストウォーター』です。

 

トラストウォーターのオススメポイントとしては、

 

水素濃度3.0ppmと高濃度の水素を配合

 

特殊構造のアルミパウチで水素を逃さない

 

1個あたり257円と手軽に水素がお試しできる

 

というのがオススメポイントです。

 

トラストウォーターは高濃度水素とそれを逃さない特殊構造のアルミパウチで飲むことで体の中にたくさんの水素を摂りいれることができます。
1個が420mlと飲みやすいサイズで、1〜2時間で水素は容器から抜けていってしまうので短時間に飲める量としてはちょうどいい量ではないでしょうか?

 

 

トラストウォーターは定価3600円+送料1000円+代引き手数料420円で通常価格だと5020円かかります。
そこで初回限定ではありますが、約3000円オフの1800円で購入することができます。

 

 

高濃度で新鮮な水素を体にとりいれることができるトラストウォーター、オススメです。