水素水が肌に与えるよい影響とは?

 

水素水を飲みだすと肌に良い影響があると言われています。

 

 

実際にはどんな良い影響をもたらしてくれるのでしょうか?

 

 

水素水を飲むと肌にこんなよい影響があります。

水素水を飲むと体内の悪玉活性酸素を除去してくれて体の中がよい状態になります。

 

肌で言えば活性酸素の原因となる紫外線。
紫外線を浴びて体内に活性酸素が発生すると除去するためにメラニン色素が大量に発生してしまいます。

 

 

メラニン色素と言えばみなさんご存じだと思いますがシミ・そばかすができやすくなると言われていますよね。
それを水素水を飲むことで活性酸素をメラニン色素よりも先に除去し、しみやそばかすをできにくくします。

 

しかも水素水の効果はそれだけでなくこんなことにも効果があると言われています。

 

 

くすみがとれて美白効果を感じた

 

肌にハリがでてきた

 

肌がキレイになり、化粧ノリがよい

 

しみ・そばかすが目立たなくなった

 

しわが薄くなった

 

毛穴が小さくなった

 

ニキビや吹き出物ができなくなった

 

など、いろいろな肌に関する悩みが少なくなったという人がとても多いです。

 

 

 

 

しみ・そばかす・くすみなどは体内の酸化によって濃くなることが多いので、水素水は非常に有効と言えます。


 

紫外線による影響としてはコラーゲンの元となる細胞の力を弱めたり無くしたりしてしまいます。
コラーゲンに影響がでるとシワの原因となり肌にハリがなくなります。水素水でコラーゲンを守って肌のハリを出します。

 

あと水素水には抗炎症作用というのもありますので、それがニキビや吹き出物に効果があるのではないかと言われています。

 

 

 

飲む以外にも肌によい方法ってあるのでしょうか?

水素水はこんな風にも使えます

 

水素水を飲むだけでも肌に良い効果をもたらしますが、外からアピールすることもできるんですね。

 

水素水で洗顔

 

 

アルミパウチの水素水を飲み切れなかったまたはサーバーで作っているというひとは洗顔の際に水素水を使うことで肌によい影響を与えます。
水素水をすくってゆっくりと包み込むように洗います。ゴシゴシしないのがコツです。浸透させるようなイメージでするといいでしょう。
タオルドライせずにそのまま水素水パックをするとさらに効果的です。

 

水素水パック

 

 

水素水をコットンに浸してパックで使うことができます。
内側からだけでなく外側からもシミやそばかすなどにアピールすることができます。
ポイントはパックしたあとにタオルで拭いたりせずにそのまま放置すること。しっかりと水素水が肌に染み込んでいきさらに効果的です。

 

 

 

水素水は1〜2時間ですぐに抜けてしまいます。

洗顔やパックに使うにも鮮度が大切です。濃度が高いうちに洗顔やパックをした方が効果的なのでその辺に注意が必要です。

 

水素水は飲むのも良いですが、このように美容のために使うのも効果的です。